北海道民が激怒?沢尻エリカ主演『母になる』の墓参りシーンに違和感の理由

沢尻エリカ、北海道出身設定に違和感

沢尻エリカが3年ぶりに主演を務める日本テレビ系ドラマ「母になる」が、4月12日からスタートした。

中でも、沢尻が誘拐された子供を思って号泣するシーンでは、多くの視聴者が感情移入。
「もらい泣きしてしまった」との書き込みも多くみられた。

だが、沢尻演じる主人公の”キャラ設定”に、北海道民からブーイングが出ているという。
一体なにがよくなかったというのか?