松本人志、覚醒剤で逮捕の清水良太郎は「気色悪い」!父・アキラへは同情も「芸人は悲しみで泣く姿見せたくない」

良太郎容疑者の事件について、VTRを見た松本は「変な話、清水アキラさんの会見を見て、清水アキラさんの好感度が凄く上がりました。凄いちゃんと真面目に正直に答えていた。それに比べてのこの息子」とあきれ顔。「この息子は気色悪い。前回の闇カジノの時のうやむや感も僕の中ではアウトでしたけど、今回の件で合わせて一本。やっていることがめちゃくちゃ」とバッサリ。「芸人は感動したならともかく、悲しみで泣く姿は見せたくない。息子にそれをやらせてしまう親不孝さはない」とアキラの気持ちを気遣った。

 元サッカー日本代表の前園真聖氏(43)は「二世でお父さんのおかげという感謝の気持ちが薄れていって、超えてやろうという気持ちがゆがんだ方向にいったのかなと感じました」。「銀シャリ」の橋本直(37)も「お父さんに謝罪会見を開かせているのは切ないです」と話した。

 番組MCのお笑いタレント・東野幸治(50)とフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)は清水父子が出演していたものまね番組の司会を担当。良太郎容疑者の印象について、東野は「ものまねはいつも一生懸命やっているというイメージだった」と告白。山崎アナは「あれ(闇カジノ騒動)以降、収録にお父さんがいらっしゃって、スタッフの方に謝罪とこれからよろしくお願いしますとあいさつされていたというのは聞きました」とアキラの様子を明かした。