奈良・小2女子を刺した女「息子が骨折させられ、怒りを募らせていた」 女児の体には23箇所の傷

小2女子を刺した女「息子が骨折させられ、怒りを募らせていた」

※画像はイメージです。

奈良県生駒市で昨年12月、息子の同級生だった当時小学2年の女児(8)を包丁で刺したとして、殺人未遂罪に問われた無職の女(42)の裁判員裁判の初公判が20日、奈良地裁(西川篤志裁判長)で開かれた。

そのなかで、女は殺意を否認した。