※ネタバレあり 『オトナ帝国』『戦国大合戦』は結末違う可能性あった…映画を救った”しんちゃん作者の一声”とは?

『オトナ帝国』『戦国大合戦』映画を救った”しんちゃん作者の一声”

大人から子供まで、幅広い世代から指示を受けているご長寿アニメのひとつといえば、テレビ朝日系の『クレヨンしんちゃん』だ。
アニメ放送開始当時は、主人公・野原しんのすけの発言や行動が「下品すぎる」と指摘されることも多かったこの作品。

だが、現在のしんちゃんといえば、とにかく「泣ける」と言われるまでに変貌。

そのきっかけとなったのは、2001年公開の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』と、2002年公開の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』だ。
何が泣けるのかといえば、そのラストこそが観客の心をグッと掴み、名作と呼ばれてる所以に。

両作品を手掛けた原恵一監督によれば、その結末を描く際に様々なところから大反対を受けたという。
しかし、現在の形で日の目を見ることができた理由には、原作者である故・臼井儀人氏の存在があった。

※以下、映画のネタバレを含む内容となっています。