アメリカ・亡き愛犬を”剥製”にして可愛がり続ける飼い主「今でもずっと一緒」

亡き愛犬を”剥製”に…「今でもずっと一緒」と飼い主

多くの時間を共に過ごしたペットを失うことは、堪え難いほど胸が痛むもの。

今ではペット霊園も多くあることから、ことあるごとに墓参りに行く飼い主もいるだろう。
だがアメリカに、愛犬を失ってもなお”剥製”にして、今でもずっと一緒にいる飼い主が存在する。

彼はなぜ、愛犬を剥製にしようと考えたのだろうか?