目黒・5歳女児虐待死 死亡の数日前、食事を与えようとした母親に「もうご飯食べられない」と弱々しく話す

5歳女児虐待死 死亡の数日前、「もうご飯食べられない」と話す

東京都目黒区で今年3月、虐待を受けた当時5歳の女児が死亡した事件で、女児は亡くなる数日前、食事をのみ込めなくなるほど衰弱していたことが分かった。

食事を与えようとした母親に、声を振り絞って伝えていたという。