ZOZO前澤社長、”日本一可愛い素人”の新恋人ができて元カノ・紗栄子の写真を削除「思い出に上書きし始めた」

資産1兆円を誇る紗栄子(31)の”元カレ”で、通販サイト・ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏(42)が17歳年下の新恋人・下京慶子(25)との熱愛現場をFRIDAY(講談社)24日発売号にスクープされた。同誌によれば、前澤氏は「ZOZO」を文字った「2020」ナンバーの高級車マイバッハで都内の会員制レストランRに乗り付け、そこで下京と落ち合っている。そして翌日、前澤氏は定宿にしている超高級ホテルに下京と消えていったという。

「前澤氏は紗栄子と別れた後、落ち込んでいたようですが、周囲の友達が恋人オーディションと銘打って、モデルやグラビアアイドルを集めて恋人探しの会を開くなどしている。そこで最後まで残ったのが下京だった。彼女は2010年に『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)という番組で島田紳助(61)に発掘された舞台を中心に活躍している女優です。奄美大島の離島出身で、特技はハブ取りという素朴さがある。紳助が”日本一可愛い素人”と褒めただけあって、まるで芸能人ぽくないタイプです」(週刊誌記者)

 前澤氏が選んだのは、上昇志向が強いといわれる紗栄子とまったく違うタイプの女性だったようだ。

一方、子供とイギリスに移住した紗栄子だが、息子の名門寄宿学校の学費(相場では2名で年間1000万円とも)は前澤氏がサポートし続けているといわれる。それだけに「今回の報道は気が気ではないのでは」とある芸能プロダクションの幹部は見ている。

「じつは今回報じられた店は、広尾駅近くのRという馬肉専門の会員制レストラン。ここは前澤氏が紗栄子と通いつめ、ツーショットも何度か目撃されている”ふたりの思い出の店”です。前澤氏は最近、過去を消却するようにインスタグラムから紗栄子とのツーショット写真を削除しています。前澤氏側に未練があるといわれていたカップルでしたが、新恋人との出会いで完全に吹っ切り、紗栄子との思い出に上書きし始めたようです」

 このRでは、紗栄子や前澤氏のみならず、紗栄子が石原さとみ(30)や中村アン(30)らと女子会を開いたこともあった。これまで数々の大富豪を渡り歩いてきた紗栄子だが、そんな思い出の店に前澤氏が新恋人を連れて出現するというのはどんな気持ちだろうか。