兵庫・40代の障害男性を、家族が20年以上”檻”に…「長男は精神疾患がある」と父が説明

40代の障害男性を、家族が20年以上”檻”に…

※画像はイメージです。

兵庫県三田市で、40代の障害男性が20年以上にわたって自宅に隣接するプレハブ内の檻で生活を強いられていたことが6日、分かった。

男性は目立った健康被害は確認されていないが、市は70代の父親らから事情を聴き、虐待に当たると判断。男性を福祉施設に入所させた。

県警は、監禁の疑いもあるとみて捜査を進めている。