奈良・首に“矢”が刺さったシカを発見!鉛筆の芯に紙を巻いたものが…

13日午後1時前、奈良公園の近くにある春日大社の参道で、首に矢のようなものが刺さっている一頭のシカが見つかり、連絡を受けた保護団体の職員がエサでシカをおびき寄せたのち、麻酔を使って眠らせ保護した。

奈良公園一帯のシカは「奈良のシカ」として国の天然記念物にも指定されている。

保護されたのは4歳のメスのシカで、首には、長さ15センチほどの鉛筆の芯に紙を巻いたものが刺さっていたという。

保護団体はシカを近くの施設に運び、鉛筆の芯を抜きとるなどの手当てをした。幸いシカのケガは軽く、14日にも奈良公園に返す予定だという。

警察は、人による仕業だとみて、文化財保護法違反の疑いで、捜査している。