「SMAPとの合流は”絶対に”ありません」元マネージャーI女史が、文春記者に涙の告白!

「SMAPとの合流は”絶対に”ありません」元マネージャI女史が語る
smap-in-share-otsu-24

12月31日――。
2016年最後の日に、国民的グループ・SMAPが解散する。

だが、早くも“解散後”の動向が話題になっており、来年1月クールの木村拓哉と草彅剛の主演ドラマ、引退が囁かれる香取慎吾の番組の今後。
そして、ここにきて浮上したのが、「ジャニーズ事務所との契約が切れる来年9月、木村以外の中居(正広)派がジャニーズから独立し、新たに芸能プロダクションを立ち上げる。そこにSMAPの元マネージャーI氏も合流する」というものだ。

SMAPの今後の活躍を気にしているのはファンだけに留まらず、永遠に存在するグループであるかのように親しんで来た国民も同じだ。

しかし、12月2日に発売された話題の本『週刊文春記者が見た「SMAP解散」の瞬間』(文藝春秋)の著者で、週刊文春でずっとSMAPを追ってきた鈴木竜太記者は、「それが事実なら、あの涙は何だったのでしょうか」と話し、こう続ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。