宮根誠司、視聴率惨敗で羽鳥慎一、田中みな実も逃げ出す!?視聴者から「不快」との声もあった

宮根誠司、独立7年目にして窮地に…

平日午後2時からの“ワイドショー戦争”で、“独走状態”だった宮根誠司の冠番組である日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」。
絶対的な人気を誇っているかに思われた同番組に、危機感が漂っているという。

関東地区では、現在も7~8%の視聴率をキープしている同番組。
しかし、本拠地の関西地区では3月になって4度も5%台に降下したというから驚きだ。

同番組を制作している読売テレビは、大阪市内で3月15日に行った春の改編発表で、松本拓也編成部長は「NHKさんも生番組化され、さらに熾烈な時間帯になってくる」と発言。
その打開策として、日本テレビ制作の前番組「ヒルナンデス!」との連動をはかり、系列で強化していきたいという意向を語った。

そんな「ミヤネ屋」の不振について、テレビ誌のライターは次のように分析する。