ドン・ファンと55歳年下の妻、実際の出会いは著書の記述と違い…「そんなに死んでほしかったんか!」と通夜で遺族に怒鳴られる

はるか年の離れた妻を娶った大金持ちが、入籍して間もなく死ぬ。大病もなく、それどころか前日までピンピンしていたのに──。小説やドラマでは使い古された“舞台設定”だが、それが現実の世界で起きた。

「そんなに死んでほしかったんか!」──遺族のひとりが声を荒らげた。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が急死したのは5月24日。遺体は検死のために警察に運ばれ、5日後の29日にようやく通夜が営まれた。その会場で怒号が響いた。親族の怒りの矛先は喪主に向けられていた。野崎氏の妻だ。

 野崎氏は和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業などを営む実業家で、資産は50億円あると言われている。彼の名を一躍有名にしたのは、2016年2月の“事件”だった。当時交際中だった50歳近く年下の自称モデルに「自宅から現金600万円と貴金属、合計6000万円相当を盗まれた」と報じられたのである。